オフィスで使用する道具に会社名なのどの名入れをする意味とはなんでしょうか。その意図は単純なものです。

オフィスでありがちな日々の出来事

オフィスで使用する道具に会社名などの名入れをする意味

オフィスにおいては様々な道具が使われていると思いますが、特に大企業などではそういったオフィス用品にも自社名を名入れする場合があります。
そこにどんな意図があるのでしょうか。そもそも名入れとは昔小学校などで自分と他の人の物の区別が付くようにとした覚えが誰しもあると思います。
それを踏まえて考えると、その道具が会社のものであるという主張をしたいのでしょうか?
いえ、そうではないと考えられます。
個人名と会社名では、名入れする意図が全然違うからです。

その意図は簡単にいえば自社の宣伝と言えます。
ペンなどはさほど印象深くありませんが、クリアファイルなどで言えば印象も深くなるでしょう。ロゴマークや会社理念などが堂々と印刷されたものを見る機会は沢山あると思います。
そんな風にささやかながらも印象に残すことで、会社は自らの存在をアピールしているわけです。

オフィスにおいても、使う道具に会社名を入れることには意味があります。
自分の会社名の入った道具を使うことで、自分がその会社の一員なのだという自覚を促すことが出来るのです。

これは結束を固めるという意味でも非常に有用なことで、大企業であればあるほど、数が多い分一体感は生まれにくくなるものですが、同じ会社名の入った道具を使用することで、同族意識が芽生えます。
それが一番大きいのはやはりユニフォーム(作業着など)でしょうけど。名前を入れることにも必ず意味はあります。
意識してその意図を受け取っておきたいものです。

Copyright (C)2017オフィスでありがちな日々の出来事.All rights reserved.