オフィスで使用する名入れはストラップタイプのものがいい。名札の中身が風で飛ばされない名入れ。

オフィスでありがちな日々の出来事

オフィスで使用する名入れについて

オフィスで使っている名入れについてですが、私が使用しているものは、胸ポケットにクリップで挟むタイプのものです。

このタイプは、名札が上の方にある為、名前が見やすいのがメリットだと思います。
しかし、このタイプの名札は、外れてしまっても気づかない為、無くしやすいです。

先日、本社に出張に行った時、本社の人の名札をみたら、ストラップの首から下げるタイプのものでした。
ストラップには、かっこよく会社のロゴが入っており、そっちのほうがかっこよかったです。

ストラップに会社のロゴが入っているだけで、一流の企業のようでしたし、見た目もかっこよく、ストラップの色がビビットなカラーだった為、名札にも自然に目がいきました。

それと、ある強風の日、お昼休みに同僚とランチをしに出かけた時の話です。

会社の駐車場に戻り、車から降りたとき、「ビュー!!」と、ものすごい勢いで風が吹いていました。
そしてそのまま会社に入ろうと、名入れに一緒に入っているセキュリティーカードを出そうとした時、なんと名入れの中身が全部無くなっていたという事件は起きました。
風で飛ばされてしまったようです…。わたしは、写真、個人名、会社名、部署名が記載された名札も風で飛ばされてしまい、大慌てで探しに行きましたが、見つかりませんでした。
このようなことで、個人情報が流出してしまう可能性があります。
以後、名入れのポケット口にをクリップで止めるなどしていますが、もし、どこかで落としてしまっても、中身がバラバラにならないように、あらかじめポケット口に封が出来るような名入れがあったらいいのになと思いました。

Copyright (C)2017オフィスでありがちな日々の出来事.All rights reserved.