同じ文房具など備品が大変多いからです。私物はもちろんですがオフィスでは名入れが必要だと思います。

オフィスでありがちな日々の出来事

オフィスでは名入れが必要です。

ボールペンなどでも、いつも使ってくると手に馴染むようになってきます。
絶対にこれで無いと困ると言う事はありませんが、人が使っていたモノを使用する気にはなりません。第一自分が使うとその人の分が無くなってしまいます。
経理に言って、ボールペンをもらいに行けば済む事ですが、そうしょっちゅう同じ事を繰り返すことは出来ません。また失ったのですか?
と言われかねないからです。

そんな事を防ぐためには、ボールペン1本にも名入れを行っておくことです。

もちろん、刻印を打つなんてたいそうなことは出来ません。紙に判子を付き、テープで留めておけばそれで完成です。

この一手間で、失えてボールペンはまず出てくると言えます。
オフィスで他の人の机に持っていった場合でも、これ忘れているよと言って届けてくれるはずです。

もちろんボールペンだけで無く、それ以外の備品も普段自分が使っているモノにはすべて名入れをしておくべきです。

それだけで探し回る手間はかなり省けるはずです。

ボールポペン一本を探し回って時間が取られるなんて無駄な時間もぐと減るはずです。

捜し物をしないことや探す時間を省くことは作業時間の効率を図る上で非常に重要です。

名入れを行っておくだけで、その時間が省けるのですから、これほど便利なことは無いと言えるはずです。

同じ備品が数多く置かれているオフィスだからこそ名入れは必要だと言えるのです。

小学校の時を思いで出して、自分の持ち物にはきっちりと名入れを行っておくべきです。

Copyright (C)2017オフィスでありがちな日々の出来事.All rights reserved.